プライバシーポリシー

当院の個人情報保護方針

当院では、患者さんに安心して情報を提供していただくため、患者さん個人の人格尊重の理念の下、患者さんからお預かりした個人情報を安全に守るべきことを強く認識し、次の保護方針に基づき、職員一体となって、個人情報の適切な取扱いを実現することを宣言いたします。

  1. 個人情報保護に関する管理体制を確立し、患者さんの情報を適切に管理します。
  2. 個人情報の収集目的及び利用範囲を患者さんにあらかじめ明示します。
  3. 患者さんの個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えいの予防等に努めます。
  4. 個人情報保護に関する法令及び厚生労働省が定めたガイドラインその他を遵守します。
  5. 患者さんの個人情報保護をより徹底させるために、職員に対する教育活動及び継続的な見直し等を実施します。

当院の個人情報の取扱いについて

患者さんに対してより的確かつ迅速な医療を提供させていただくためには、患者さんからの情報のご提供が必要となります。
その際、当院では患者さんが提供した個人情報については、次のとおり取扱います。

1 利用目的

(1)  医療提供
ア 当院での医療サービスの提供
イ 他の病院、診療所、助産所、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
ウ 他の医療機関等からの照会への回答
エ 患者さんの診療のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
オ 検体検査業務の委託その他の業務委託
カ ご家族等への病状説明
キ その他、患者さんへの医療提供に関する利用

(2) 診療費請求のための事務
ア 当院での医療・労災保険、公費負担医療に関する事務及びその委託
イ 審査支払機関へのレセプトの提出
ウ 審査支払機関又は保険者からの照会への回答
エ 公費負担医療に関する行政機関等へのレセプトの提出、照会への回答
オ その他、医療・労災保険及び公費負担医療に関する診療費請求のための利用

(3) 当院の管理運営業務
ア 会計・経理
イ 医療事故等の報告
ウ 当該患者さんの医療サービスの向上
エ 入退院等の病棟管理
オ その他、当院の管理運営業務に関する利用

(4)企業等から委託を受けて行う健康診断等における企業等へのその結果の通知

(5)医師賠償責任保険などに係る、医療に関する専門の団体、保険会社等への相談又は届出等

(6)医療サービスや業務の維持・改善のための基礎資料

(7)当院内において行われる医療実習への協力

(8)医療の質の向上を目的とした当院内での症例研究

(9)外部監査機関への情報提供

(10)付記
ア 上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨をお申し出ください。
イ お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
ウ これらのお申し出は後からいつでも撤回、変更等をすることが可能です。

2 学会、学会誌等への発表

特定の患者さんの症例や事例を学会で発表したり、学会誌で報告したりする場合等は、氏名、生年月日その他を消去し匿名化します。また、十分な匿名化が困難な場合は、患者さんの同意を得ることとします。

3 利用目的による制限の例外

次の場合には、患者さん本人の同意を得ることなく利用目的による制限の例外として取り扱います。

(1) 法令に基づく場合

(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、患者さん本人の同意を得ることが困難であるとき

(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要があって、患者さん本人の同意が困難であるとき

(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、患者さん本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

4 安全管理措置

次のとおり安全管理措置を、実施します。

ア 個人情報保護に関する方針の公表
イ 個人情報保護のための組織体制の整備
ウ 従業者に対する教育研修の実施
エ 技術的安全管理措置
個人データに対するアクセス管理、個人データに対するアクセス記録の保存
オ 個人データの保存
保存媒体の劣化防止など個人データの消失防止のための適切な保存及びインデックス整備など検索可能な状態での保存
カ 不要となった個人データの廃棄、消去
焼却や溶解など、個人データを復元不可能な形にして廃棄します。
個人データを取り扱った情報機器を廃棄する場合は、記憶装置内の個人データを復元不可能な形に消去して廃棄します。
これらの廃棄業務を委託する場合には、個人データの取り扱いについても委託契約において明確に定めます。

5 第三者提供の取扱い

次のような場合には、患者さん本人の同意を得ます。

ア 民間保険会社からの照会
イ 職場からの照会
ウ 学校からの照会
エ マーケティング等を目的とする会社等からの照会

6 第三者提供の例外

ア 法令に基づく場合
イ 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、患者さん本人の同意を得ることが困難であるとき
ウ 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、患者さん本人の同意を得ることが困難であるとき
エ 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、患者さん本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき

7 保有個人データの開示

(1) 患者さん本人から、当該本人が識別される診療録等の保有個人データの開示を求められたときは、本人に対し、書面の交付による方法等により、遅滞なく、当該保有個人データを開示します。

(2) 開示することで、法第25条第1項の各号のいずれかに該当する場合は、その全部又は一部を開示しないことがあります。

(3) 費用は、基本手数料と複写等に要する実費相当額を請求します。

(4) 開示の詳細については、別紙「診療記録開示について」を参照ください。

8 保有個人データの訂正及び利用停止

患者さん本人から、当該本人が識別される診療録等の保有個人データの訂正、追加又は削除並びに利用停止を求められたときは、患者さん本人に対し、書面の交付による方法等により、遅滞なく、当該保有個人データを訂正等をします。
ただし、訂正等が出来ない場合があります。その場合は、理由を提示します。

9 相談、苦情の窓口

相談、苦情に関する窓口は、外来部門については総合受付又は医療相談室とし、入院部門については、ナースステーションとします。

なお、この「個人情報の取扱いについて」は、適宜見直すことがありますので、あらかじめご了承ください。

東葛辻仲病院・辻仲病院柏の葉の診療記録開示について

  1. 原則として、次の方に診療記録を開示します。
    ① 患者さん本人
    ② 法定代理人
    ③ 患者さん本人の意思が確認できる委任状がある方
    ④ 患者さん本人が成人で判断能力が十分でない場合に限り、現実に患者さんの世話をしている親族又はこれに準じる方
    ⑤ ご遺族(法定相続人)
    なお、本人確認のため、免許証等身分を証明できるものを提示していただきます。
  2. 次の診療記録を開示対象とします。
    ① 最終来院日から5年を超えていない診療記録
    ② 原則として、すべての診療記録
    診療録、看護記録、レントゲン写真その他
  3. 診療記録を開示しない場合があります。
    個人情報保護法第25条1項に該当する場合は、その全部又は一部を開示しません。その際、開示しない旨を決定したときは、開示を請求された方に通知します。
  4. 開示手数料をいただきます。
    ・基本手数料 3,000円
    ・複写1枚あたり  10円
    ・レントゲン写真複写1枚あたり  800円
    ・その他実費相当額
  5. 開示の請求される方は、総合受付又は医療相談室までお申し出ください。
    「診療記録開示申請書」をお渡ししますので、必要事項を記載のうえ提出してください。

医療法人社団康喜会 東葛辻仲病院・辻仲病院柏の葉

当院以外のウェブサイトへのリンクについて

当院は、当院のウェブページにリンクされている他のウェブサイトにおける患者さんの個人情報の保護について責任を負うものではありません。

以上

2009年6月1日
医療法人社団康喜会
東葛辻仲病院・辻仲病院柏の葉

トップへ戻る